ちょうど貯金箱にお金が貯まるように、紫外線は“肌の奥にある紫外 線貯金箱”に蓄積されていきます。そして、貯金箱がいっぱいになっ たとき、あふれ出すようにシミやシワとなって現れます。
近所に買い物に行くだけだから、UVケアはしなくていいや。 洗濯物を干すぐらいなら、日焼け止めを塗らなくてもいいかなーと思うでしょう。
ただほんの短い時間、紫外線を浴びただけでも、そのダメージは紫外線貯金箱”に 蓄積されていきます。

 

UVケア ルール1

曇っていても日陰にいても紫外線を浴びている。UVケアは一年中必要。
曇っているから、帽子をかぶらなくてもいいや。
曇っていても、紫外線は雲を透過して地上に降り注いでいます。
今日は涼しいから、日焼け止めを塗らずに外出しても大丈夫。
きでも必要なのです。 れ、ある一定レベルに達すると、シミやシワとなってあふれ出すのです。 紫外線のダメージは蓄積されて肌老化につながる 実感がなく、うっかり日焼けをしてしまうことが往々にしてあります。そんなちょっとしたダメージがすべて肌に蓄積さ
日差しが強いと紫外線も強い、とカン違いしがちですが、紫外線は暑くもまぶしくもありません。そのため、浴びている けでは十分ではありません。紫外線は、冬でも、空が曇っていても、毎日降り注いでいます。UVケアは一年中、どんなと 真夏の太陽がギラギラと輝くような日に外出するとなると、だれもが積極的にUV対策をするでしょう。しかし、紫外線は、暑さや涼しさとは関係ありません。
室内だからとくに紫外線対策しなくても大丈夫。
紫外線A波にはガラスを透過する性質があります。室内でも窓際にい れば紫外線を浴びています。
日陰にいるから、紫外線は浴びていないはず。 ⇒紫外線は、まっすぐ地表に届くだけでなく、空中で拡散したり、地面に 反射したりもします。日陰だから紫外線が届かないとは限りません。
地長そでを着ているから、紫外線は肌に届かないはず。 長そででも、ニット素材など目が詰まっていない服や、薄手の白い服で は、紫外線をさえぎることができません。